孫のスーちゃん成長期(10カ月から12カ月まで)

日常の出来事

今回は生後10カ月から1歳の誕生日までの成長記録。アプリ「みてね」の写真や動画をもとに主な変化を追ってみた。

みてね
アップ日
生後週成長の様子
2024
03/07
約40週約38週頃からお米のせんべいや蒸しパンを手づかみで食べるようになった。この日は初めてスプーンを使ってお粥を食べたが、振り回したので周囲は大惨事になったようだ(笑)
2024
03/10
約40週初めての旅行。鬼怒川まで片道2時間強の電車と旅館1泊。温泉も初体験。スーちゃんは乗り物の中ではとてもおとなしく親孝行だ
2024
03/11
約41週「パパ」と口を動かす。まだ音声にはできず、閉じた唇を開いた時に息を吐きだす音で「パ、パ」と聞こえるくらいの声。「ママ」も同じような状況とのこと
2023
03/14
約41週数歩ながら伝い歩きを始める。視界も行動範囲も広がり、手が届かないように2段ボックスの上段に入れてあったファイルなどを引っ張り出そうとする。また、つかまり立ちの姿勢からしゃがんだり立ったりするようになった。
2023
03/15
約41週これまで本は舐めたり齧ったりする対象だったが、自分でページをめくるようになった
2024
03/21
約42週茹でたブロッコリーを掴み食べ。カットしたキュウリも掴んで食べる。
2023
03/27
約43週ブランコで自分の足を動かすと揺れることを発見。揺れ続けるように足をバタバタと動かす。そのうちブランコの揺れと足の動きを合わせたり、上体を前後にうまく動かすコツを覚えるだろう
2024
04/04
約44週保育園の入園式。0歳児クラスで断トツの大きさ。1歳児クラスの子と変わらない体格
2024
04/05
約44週初登園。ママがいなくなったことに気づいて泣いたみたいだけど半日頑張ったようだ
2024
04/09
約45週園では先生の膝の上で歌に合わせて手を叩いて遊んだようだ。家ではコップのミルクを飲んだりブクブクしたりするようになった
2024
04/10
約45週園ではバギーで公園へ。泣いている隣の子に手を差し伸べて慰めるようなしぐさを見せたとのこと
2024
04/16
約46週登園後にすぐ熱を出して初早退。翌日は大事をとって初欠席
2024
04/19
約46週ママに初めて靴を履かせてもらったら、しばらく固まって、そのあと大泣き。よほど嫌だったようだ
2024
04/25
約47週朝起きると熱があり二度目のお休み。翌26日も下がらずお休み。でも食欲もりもり、キュウリをもしゃもしゃ。おもちゃ入れのバッグからおもちゃを全部出して頭にかぶって遊ぶほど元気。28日にようやく熱が下がったものの鼻水だらだら
2024
05/01
約48週なかなか治らず、1日にかかりつけ医に紹介されて大きな病院へ。軽い肺炎とのことで大事をとって即入院。レントゲン、CT検査など大泣きで目がパンパンに腫れ、点滴で顔もすごいむくみ。翌2日に退院できたが、ママは職場復帰の初日から連続休暇。GW後半は親子とも家で休養
2024
05/06
約49週GW最終日に丸亀製麺で初うどん体験。気に入ったようでお代わり。前歯も上下4本になった
2024
05/07
約49週7日朝に病院へ行き経過観察。登園許可の診断をもらって登園。ママは遅めの出社でやっと職場復帰。一件落着
2024
05/12
約50週カップのストローを噛んで引っ張ったりぶくぶくしたり遊ぶ。ママが手を挙げるとスーちゃんも真似して手を挙げてハーイができるようになった。少し前からウレタンの折り畳みマットを立てて、自分の秘密基地にして隠れたり一人で遊んだり
2024
05/18
約51週ジジババの我が家に遊びに来た。座卓の下に隠れたので、こちら側から座卓の下を覗いて見つけると、今度は座卓の上にそっと目のあたりまで顔を出す。こちらも顔を上げて目が合うとまた下に隠れてしまう。これを何度も繰り返した。かくれんぼ遊びかな
2024
05/20
約52週パパのズボンにつかまって、パパの後ずさりに合わせて少し前に歩けるようになった。つかまらずに一人立ちもできるようになってきた
2024
05/22
約52週段ボール荷物が届くと、中身を全部引っ張り出して「検品」するように
2024
05/30
約53週また熱を出してお休み。ママ方のばあばが来てくれてピンチヒッター
2024
05/31
約53週1歳の誕生日。初ケーキの生クリームやスポンジを食べさせてもらうと指でつまんで吐き出した。甘すぎたかな? 少し前から食べたくないものは横を向いて拒否するし、もういらないときは手の指を振って意思表示するようになった
「みてね」にアップされた写真や動画から、主な変化をピックアップして列記した

食べる

掴んで食べる

生後9-11カ月くらいから食べ物を掴んで食べるようになるようで、スーちゃんもお米のせんべいやマールボロ、パンなどを掴んだりつまんだりして食べるようになった。次第に食べられるものが増えて、カットしたキュウリや茹でたブロッコリー、野菜チップスなどを掴んで食べるようになった。両方の手それぞれに掴んで食べるのがスーちゃん流だ。

レストランではパパとママのバケットもスーちゃんが食べたし、園の昼食でもしっかりお代わりしているようで頼もしい。

脳の発達にもいい影響が!手づかみ食べのメリットと、始めどき・始め方 | パン離乳食のまめ知識 | Pasco 超熟 パンの離乳食~手早くつくれるアレンジレシピ
成長に合わせてアレンジできる、パンで作る離乳食レシピをご紹介します。

道具で食べる

最近はスプーンで食べることもできるようになってきた。まだまだ口の周りは食べ物や飲み物で汚れてしまうけど、そのうちに上手に口に運べるようになるだろう。

手づかみ食べっていつから?スプーン・フォーク、お箸の始め方は?管理栄養士に聞く「始めどき」と「食べさせ方」のポイント | パン離乳食のまめ知識 | Pasco 超熟 パンの離乳食~手早くつくれるアレンジレシピ
成長に合わせてアレンジできる、パンで作る離乳食レシピをご紹介します。

意思表示

息子夫婦曰く、最初に明確に意思を伝えるようになったのは、食事や飲み物がいらなくなった時だったようだ。すぐに指吸いするのだが、吸っている親指以外の指を動かして「もういらない」と合図するようになったとのこと。最近は顔をそむける仕草も見られるようになった。

一方で、もっと食べたいときなどは、手を伸ばしたり、そちらに伝い歩きしていこうとする。軽い肺炎で1日入院したときは、自分の朝ごはんを食べさせてもらった後に、まだ足らなかったのかベッドの柵の間から腕を伸ばして、ママの食事がのったお盆を引き寄せようとしていた(笑)。

靴を履かされた時の絶望感溢れる固まった後ろ姿の写真には笑ってしまった。その後の大泣きも強烈な意思表示の一つだった。英語圏でも”terrible two”と呼ばれるイヤイヤ期の2歳に向かって、ますます強烈な意思表示が増えていくんだろうな。ママパパは大変だ

生後10ヶ月の赤ちゃん|たまひよ【医師監修】発育発達、お世話のポイント、遊び方
初めて立つ瞬間を見逃さないで。つかまり立ちが安定し、伝い歩きをする子も。このページでは生後10ヶ月の赤ちゃんの発育発達、生活とお世話のポイント、親子のコミュニケーションなどについて小児科医師監修の詳しい情報を解説し、安心して育児ができるよう...

飲み物でぶくぶく

「そんなことしないの」と言われると、ますますやりたくなってしまうのが子供。ママを困らせたり、もっと相手になってほしくてやっているのかも。対処の方法にはいろんなやり方があるようで、ネットの子育てQ&Aには、いろんな回答が寄せられている。

レストランなどでしなければ家の中では大目に見るという考え方もあれば、家でできなければ外でも同じことをして周囲に対し恥ずかしいとか、迷惑をかけると思う人もいるようだ。このあたりからは躾の範疇に入ってくるので、子育てに対する考え方やポリシーみたいなものが反映されてくるんだろうな。

飲み物をぶくぶくしてしまう|医療専門家が個別回答 妊娠・出産・子育ての悩みを解決するオンライン相談|ベビーカレンダー
「飲み物をぶくぶくしてしまう」というお悩みについて、管理栄養士の一藁暁子先生(管理栄養士)がお答えします。ベビーカレンダーの専門家相談では、妊娠、出産、子育ての悩みや疑問に医療専門家の先生がリアルタイムで丁寧に個別回答します。【解決済み】こ...

発熱

離乳が始まると母乳から得ていた免疫が減って感染しやすくなるし、保育園に通い始めれば接触を介して感染する機会も多くなる。マーフィーの法則というか、スーちゃんの場合のように、ママの職場復帰の日など間の悪いタイミングで発熱してしまうのは育児のあるある。

私が子供の頃は、近所ではしかに感染した子供がいると、わざとはしかに罹患して免疫が獲得できるように自分の子供をその家に連れていくことがごく普通に行われていた。今じゃ考えられないけど、当時から日本の感染症への対処法はお粗末だった。ワクチンが開発されてもそれを打つわけではなく、日本はいつの間にか、はしかの輸出国かつハイリスク国になってしまった。

それはさておき、子供の発熱はよくあることなどとのんびり構えていないで、早めの行動で用心するに越したことはないと改めて痛感。今回はしっかり通院していたおかげで、大事にならずに済んでよかった。

【花王 メリーズ】赤ちゃんが何度の熱なら受診が必要? | もし赤ちゃんが体調を崩したら
【花王 メリーズ】公式サイト。赤ちゃんに関する疑問に答えます。Q.赤ちゃんが熱を出したとき、何度ぐらいだったら病院に連れて行くのでしょうか。機嫌が良い場合、悪い場合の受診時体温の目安を教えてください。

喋る

スーちゃんもママ、パパと言えるようになってきた。スーちゃんのパパ、つまり私の次男は言葉を話し始めるのがちょっと遅かったので内心ほっとした。その一方で、ちょっと気がかりなのは、パパである次男の口数が少ないこと。その上に、仕事も忙しく残業も多いので、なかなかスーちゃんとお話しできていないことが心配。

赤ちゃんがしゃべるようになるのはいつから? お家でもできる”楽しく言葉を育てる方法” |七田式LAB
赤ちゃんがしゃべるようになるのはいつから?お家でもできる“楽しく言葉を育てる方法”について、お伝えします! |七田式公式WEBマガジン「七田式LAB」。

歩く

こちらも標準的な範囲で発達しているので安心だ。長男も次男も特に靴を嫌がることはなかったので、靴を履かせてもらったスーちゃんの絶望的に落ち込んだ姿を写真で見てちょっと心配。ネットで調べてみると、靴を嫌がる子は結構いるようなので、こちらも気長に見守ればいいのだろう。

赤ちゃんはいつから歩く?歩く練習や歩き始めの時期に気をつけたいこと
ハイハイをしていた赤ちゃんがつかまり立ちをし、つたい歩きをするようになると、いつから歩くのかが気になる保護者の方もいるかもしれません。 赤ちゃんが歩き始める時期には個人差があり、赤ちゃんのペースを見守ることが大切です。 この記事では、赤ちゃ...
赤ちゃんが初めての靴を嫌がる固まる泣くときの対応方法6ステップ。
みなさんこんにちは。さて、早速本題に入ります。 お家の中では上手にひとり歩きできるようになり、楽しくて仕方がない様子の赤ちゃん。 「それなら靴を履かせて外に出てみよう!」と思って初めての靴

かくれんぼ

前回の成長記(6-9カ月)では、ウレタン製の折り畳みマットをアコーディオンのように開け閉めして遊ぶスーちゃんを紹介したが、最近は衝い立て代わりにして隠れるような遊び方をしている。

NHKの「チコちゃんに叱られる」で、なぜ子どもは秘密基地を作りたがる?というのがあった。これについて、どこかの大学の先生が「本能的に命を守る練習をしている」という解説をしていた。生き物には命の危険が迫った時にとる行動として、「戦う」「逃げる」「隠れる」の三種類があるとのご説。

つまり、秘密基地に隠れることで「命を守る練習をしている」ということらしいのだが、個人的にはあまり腹落ちしなかった。大人が書斎や趣味の部屋を持ちたがるのと同じで、自分の空間や世界を持ちたいから、という方がしっくりくると思うのだが、ストレスに疲れやおじさん、いや年寄りの発想だろうか・・。

まぁ、あまり難しく考えなくても、子供のいろんな遊びの一つと考えればいいと思う。スーちゃんのパパである私の次男も、小さい頃は部屋のドアを閉めて、「入ってこないで」と念を押して、ドラゴンボールやワンピースのフィギュアを並べて自分の物語の世界に没入していた。

【保育士監修】赤ちゃんとの遊び方 生後7ヶ月~1歳の発達を促す遊び | ALL | キッズアライズ
毎日の遊びで赤ちゃんの心と身体の発達を促そう 好奇心を刺激する遊びが赤ちゃんの成長を促す 生後7ヶ月~1歳の赤ちゃんはできることがグッと増え、感情表現も豊かになってきます。 お座り、ずりバイ、ハイハイ、つかまり立ち、そして歩くまでに、段階を...

 

さて、スーちゃんも一人で遊ぶことが増えてきたようで、「みてね」にアップされた写真を見ると、以前の何かを掴んだり舐めたりという動作から、物をじっと見つめて考えているようなしぐさも見られ、頭の中で何が起きているのか見てみたくなる。

フィギュア相手に独り言をぶつぶつ言っていた次男のように話せるようになったら、スーちゃんの心の中ももっと分かるようになるかもしれないけど、やっぱり個人のプライバシーの世界だな。独り言を聞いてスーちゃんの心の中を覗こうなどというはしたないことは慎もう。

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました